\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

金塊はどこで買える?百貨店に売ってる?購入するときの注意点や申告について

金塊 どこで買える

2023年9月に記録的な価格を更新した金の買取り価格は、多くの人々の関心を集めています。

世界情勢の不安定化と共に、安全な資産としての金への注目が高まっており、多くの方が金塊の購入を検討していることでしょう。

金塊は、資産の安全確保という観点からも、非常に魅力的な投資対象です。

しかし、金塊を購入するためには、相応の資金が必要になりますし、適切な購入先を選ぶことが重要です。

本記事では、金塊の購入先やその方法、さらに購入する際のポイントについて詳しくご紹介します。

\ 手軽に金を買うならコレがおすすめ /

ビジュー金銀プラチナ楽天市場店
¥299,070 (2024/04/12 18:50時点 | 楽天市場調べ)
目次

金塊どこで買える?

金塊を手に入れたい時、どこで購入できるのかは非常に重要な疑問です。

主な購入先としては、貴金属専門店や地金取引所、宝石店が挙げられます。

さらに、一部の百貨店や、直接鉱山を経営する企業、商社からも購入が可能です。

金塊購入時には、特に小規模な取引の場合、加工や取引に関わる手数料「バーチャージ」が発生することがあります。

これは、少量での取引に伴う追加費用として認識しておくべきでしょう。

\ ココで買える! /

金購入の注意点は?

金を手に入れる際は、信頼性のある販売元の選択が最優先事項です。

市場には残念ながら、本物と見分けがつかないほど精巧な偽物も存在します。

安全に金地金を購入するためには、グッド・デリバリー・バーの認定を受けた販売元からの購入を推奨します。

グッド・デリバリー・バーとは、ロンドン貴金属市場協会(LBMA)によって設定された、金の純度や品質を保証する国際基準です。

この認定を受けた金は、世界中で信頼されています。

従って、購入前には、その金がグッド・デリバリー・バー認定を得ているかを確認することが肝心です。

加えて、購入に伴う手数料にも注意が必要です。

販売元や購入方法によって手数料は異なりますので、購入する前には手数料の総額を把握しておくことが重要です。

オンラインや電話を通じて購入する場合、振込み手数料や配送費用が追加で発生することもあります。

これらの費用も含め、総額をあらかじめ確認しておくことで、後悔のない購入が可能となります。

\ ココで買える! /

金の購入はばれる?申告しないといけないの?

税務署への申告義務に関する概要

金を購入する際、税務署への申告が不要と考える方がいるかもしれませんが、実際のところは異なります。

200万円を超える金地金や金貨の購入があった場合、販売業者は税務署に対して「支払調書」の提出を義務付けられています。

この調書には購入者の情報が含まれており、税務署はこれを基に所得者を特定することが可能です。

さらに、税務署は個人の銀行口座を調査する権限も持っており、金購入に関連する資金の流れを追跡できます。

購入金額が200万円未満であっても、後に金を売却して利益が出た場合には、その利益に対して申告が必要となります。

申告を怠ると、追徴税の対象となるリスクがあるため、注意が必要です。

支払調書の具体的内容

「金地金等の譲渡の対価の支払調書」は、所得税法に基づいて定められた法定調書です。

この調書は、貴金属地金などの取引で200万円以上の現金が動く場合に、取引事業者が税務署に提出するもので、購入者の個人番号の記載が必要とされます。

この制度は、高額な取引に対する透明性を確保し、税務上の正確な申告を促すために設けられています。

したがって、金塊を購入する際は、これらの法律や制度についての理解が重要となります。

金の延べ棒1kgの価格は?

最近、金価格は上昇トレンドにあり、2023年12月4日現在、田中貴金属工業が示す国内小売り価格で1gあたりの販売価格が1万928円、これを1kgに換算すると約1千92万8,000円と記録的な高値を更新しました。

金価格の上昇背景には、継続する経済不安や円安の影響が大きく関わっています。

2020年の新型コロナウイルスの世界的拡大以降、不確実な経済見通しの中で実物資産への関心が高まり、特に金への需要が増加しました。

2022年には、ロシアのウクライナ侵攻が国際的な不安を引き起こし、金価格はさらに上昇の一途を辿りました。

加えて、円安の影響も金価格上昇に一役買っており、2019年までの1gあたり5,000円前後から、2024年には1gが1万円を超える価格水準に達しています。

今後の金価格は、新型コロナウイルスやウクライナ情勢の影響が長引くことで、さらなる価格上昇が予想されますが、経済状況の安定や一時的な金売却による価格の急落の可能性も完全には排除できません。

金の市場価格は多岐にわたる要因によって日々変動しており、賢明な投資判断を下すためには、これらの要素に精通していることが求められます。

金購入は百貨店でできるの?

百貨店での金製品購入は、多くの消費者にとって実現可能な選択肢です。

特定の大規模百貨店では、宝飾コーナーや特別ギフトエリアで金製のバー、コイン、装飾品類などを扱っています。

これらの商品群には、さまざまな形状やデザインのアイテムが含まれており、消費者は自由に選択し購入することができます。

百貨店で金製品を買う最大の利点は、その多様な選択肢と高品質な製品へのアクセスです。

百貨店は信頼されている宝飾ブランドや製造業者と連携しており、提供される商品は品質と信頼性において保証されています。

また、贈答用から個人的な使用まで、目的に応じて選びやすい環境が整っています。

購入プロセスは、百貨店内の宝飾品売場や専門ブティックで完結します。

専門知識を持ったスタッフが、商品の詳細や価格設定について詳しく案内し、顧客のニーズや予算に適した選択を支援してくれます。

\ ココで買える! /

金塊 どこで買えるについてのよくある質問

金塊はどこで買えますか?

金塊は、専門の貴金属製造業者から直接手に入れることが可能です。主要な業者には、田中貴金属工業や日本マテリアル、三菱マテリアルなどがあります。これらの企業が運営する店舗では、金塊を購入する際に、疑問点や不明点を直接相談できるという利点があります。

金の延べ棒はどこで買えますか?

金のバーは、貴金属専門店、地金取引業者、製錬所、一部の銀行などで購入することができます。店舗選びの際には、「一般社団法人 日本金地金流通協会」に登録されているかを確認することが重要です。

金の延べ棒1kgいくらですか?

1kgの金バーの価格は、10,699,000円です。

金 どこで買っても同じ?

金の価格には市場相場があり、買取価格が全ての店舗で同一であると考えがちですが、実際はそうではありません。買取店によっては、価格に差が出ることがあります。

金塊 どこで買えるについてのまとめ

金塊購入に関心がある方へ、本記事では「金塊 どこで買える」について詳細に解説しました。

購入先としては、田中貴金属工業などの貴金属メーカー、貴金属専門店、地金商、製錬所、そして一部の銀行が挙げられます。

金のバー1kgの価格情報や、購入時に確認すべき協会への登録状況もお伝えしました。

さらに、金を購入する際は、店舗ごとに価格が異なる可能性があるため、複数の場所を比較することが重要です。

この記事が、金塊購入の際の参考になれば幸いです。信頼できる場所での購入を心掛け、安心して金塊を手に入れましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次