\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

官報はどこで買える?購入先や閲覧方法など調査してみました!

官報 どこで買える

個人や企業が破産する場合、その情報は官報に掲載されて一般に公開されます。
官報に情報が掲載されると、その破産情報が広く知れ渡ることになります。

この記事を通じて、官報の基本情報や、なぜそこに情報が掲載されるのか、どのようにして閲覧できるのかなどを分かりやすく説明していきます。
官報掲載への不安を持つ方々にとって有益な情報を提供します。

\ 官報のレプリカはコレがおすすめ /

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
目次

官報 どこで買える?購入方法と閲覧の仕方

官報の購入は、日本全国に点在する官報販売所またはインターネットを通じて可能です。

官報販売所では、必ずしも豊富な在庫を保有しているわけではなく、発行号によっては早期に完売することも少なくありません。

そのため、確実に手に入れたい場合は、事前の予約が推奨されます。

オンラインでは、「インターネット官報」を利用することで、過去90日分の官報をPDF形式で無料で閲覧することができます。

これにより、いつでもどこでも必要な情報を確認することが可能となります。

官報の基本情報!掲載内容とタイミング

官報って何?

官報は、日本の政府やその行政機関が公式情報を国民に伝えるために発行する公式公報です。

国からの正式な発信物として、新聞形式で提供されることが一般的です。

この公報を通じて、政府の動きや決定された事項が広く公知されます。

どんな情報が載るの?

官報にはさまざまな情報が掲載されており、具体的には以下のような項目が含まれます。

・新制定または改正された法律、政府令、国際条約
・内閣や省庁からの重要な告示や規則
・国会関連の告知や報告
・政府関係者の人事異動に関する情報
・国による叙勲や褒章の発表
・政府機関の重要な報告や統計資料
・公的な入札や契約に関する情報
・裁判所からの公的な通知や公告
・地方自治体からの重要な告知や情報

中でも、「裁判所公告」のセクションには、自己破産や個人再生に関する告知が掲載されることがあります。

また、日々の生活に影響を及ぼす可能性のある情報、例えば高速道路料金の改定や各種国家資格の新規登録者名簿などもここで確認できます。

法律の新設や改正に関する情報も、社会生活において非常に重要な部分です。

いつ掲載されるの?

官報は政府の業務日に毎日発行されています。購入は、全国の官報販売所で可能ですし、1部からの購入や月額定期購読(料金は一部130円+税、月額は1520円+税、いずれも配送料が別途かかります)も選択できます。

さらに、インターネット上ではデジタル版官報も提供されており、過去に遡って情報を検索し閲覧することが可能です。

\ 官報の中古品はコレがおすすめ /

ノーブランド品
¥2,890 (2024/04/13 13:45時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す

官報の歴史

官報の創刊は、山県有朋という明治時代の政治家の提案により、明治15年(1882年)に決定され、翌年の明治16年(1883年)7月2日に初版が発行されました。

この公報は、日本政府が公式に法律や政策、国民に影響を与える情報を公開する唯一の公式文書として位置づけられています。

また、公民の権利や義務に関わる告知を掲載し、国の透明性を保つための重要な役割を担っています。

これは、平日毎日(国の定める休日を除く)に発行されており、その内容と重要性は時代と共に進化を遂げてきました。

官報で自己破産の名前検索はできる?名前の一覧見れる?

自己破産で官報に載ると名前検索できるのか

多くの方が疑問に思うかもしれませんが、自己破産者の名前を官報で直接検索することは原則としてできません。

インターネット上で個人の名前を検索しても、直接的に自己破産に関連する情報が表示されることはないのです。

例外的なケースとして、その人物が他の事件でメディアに取り上げられている場合などは別ですが、一般的には自己破産に関する情報が簡単にネット上に流れることはありません。

これは、個人のプライバシーを守るための配慮に他なりません。

官報に記載される自己破産関連の詳細

自己破産に関連する情報は、官報の中でも特に「公告」セクションに記載されています。

ここには、破産を申し立てた個人の氏名や住所、破産手続開始の裁判所とその日付などが掲載されることが一般的です。

これらの情報は、関係者や特定の目的を持つ者にとっては重要な内容となり得ますが、一般の人々が容易にアクセスすることは想定されていません。

\ 官報の中古品はコレがおすすめ /

ノーブランド品
¥6,000 (2024/04/13 13:45時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す

企業の解散手続きで必要な官報公告とその影響

官報公告とは?

官報公告は、企業が解散する際に特定の情報を官報に掲載し、一般に広く知らせる手続きを指します。

特に株式会社においては、解散の公告のほかにも、合併や株式交換、組織再編に関する公告など、法律により官報での公告が義務づけられている事項があります。

これらの公告は「法定公告」と呼ばれ、企業の重要な変更を公にすることにより、関係者の権利保護を図ります。

公告しないとどうなる?

法律で義務づけられているにもかかわらず官報公告を行わない場合、解散から2ヶ月が経過すれば清算終了の登記は可能ですが、これは本来の手続きに沿っていないため、法的に正式な手続きとは認められません。

そのため、弊社では解散手続きを進める際には必ず官報公告を行うことをお勧めしております。

もしクライアント様が自ら官報掲載の手続きを行う場合でも、公告の掲載証明を提出していただき、その内容を確認した上で解散手続きを進めることが一般的です。

官報 どこで買えるに関するよくある質問

官報の1部いくらですか?

通常版官報は一部143円です。ただし、政府調達版や号外などはページ数に応じて価格が異なります。

官報はどこで見れる?

公布のタイミングでのアクセス

官報は公開日の午前8時30分から、国立印刷局や東京都内の官報販売所にて閲覧可能です。また、オンライン上でも公開されています。

官報は土日に発行されますか?

官報は平日のみの発行となっており、土日や祝日は発行されません。例えば、土曜日に何か重要な決定があった場合、官報での公表は翌週の平日になります。

官報に載るとどうなるの?

官報に自己破産の情報が掲載されると、その事実が公になります。しかし、官報を日常的にチェックする人は少なく、特に一般の人々にとっては、官報に名前が出ること自体、あまり認知されていないかもしれません。

官報 どこで買えるに関するまとめ

官報の購入や閲覧に関する情報は、多くの人にとって重要なものです。

官報は143円で購入可能であり、国立印刷局や東京の官報販売所、またはオンラインでアクセスできます。

ただし、発行は平日のみで、土日祝日はお休みです。

官報に名前が掲載されることは、一般にはあまり知られていない事実ですが、特定の情報を求める方にとっては貴重なリソースとなり得ます。

興味のある方は、公開時間をチェックして、必要な情報を得るために利用してみてください。

情報の取得方法を知っておくことは、必要な時に役立ちますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次