\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

アラミスト点鼻薬製造中止の理由は?長期使用で副作用はある?

花粉症の季節が到来し、多くの人々がアレルギー性鼻炎に悩まされています。

多くの治療法がありますが、特に鼻の症状が重い場合、点鼻薬の使用が効果的です。

中でもアラミストは、患者さんに広く処方される代表的な鼻用ステロイド薬として知られています。

\ おすすめ /

目次

アラミスト点鼻薬は製造中止?理由は?

アラミスト点鼻薬の製造中止の時期について、詳細に解説します。

実は、アラミスト自体の製造中止ではなく、アラミストの後発品が市場に出たという事実があります。

具体的にどういうことなのか見ていきましょう。

アラミストは2009年に市場に登場した鼻炎治療薬で、風邪だけでなく花粉やその他のアレルギー症状にも対応しています。

一般的には知名度が高い薬ですが、先発品としては価格が高めでした。

患者にとっては、より手頃な価格の薬が望ましいですよね。

そして2023年6月、より手頃な価格のアラミストの後発品が登場しました。

これが、アラミストが製造中止と誤解される原因の一つと考えられます。

グラクソ・スミスクライン社からのアラミスト点鼻液限定出荷のお知らせ

グラクソ・スミスクライン社は、「アラミスト点鼻液 27.5μg 56 噴霧用・120 噴霧用」について、船便の遅延と予想外の需要増加により、在庫が不足しています。

そのため、2023年3月27日から、これらの製品の限定出荷が行われています。

限定出荷の解除時期は、現時点では未定です。この状況に対するご理解とご協力をお願いします。

アラミスト点鼻液の限定出荷解除についてのお知らせ

2023年4月、グラクソ・スミスクライン社は、「アラミスト点鼻液 27.5μg 56 噴霧用・120 噴霧用」の限定出荷を解除することを発表しました。

3月の限定出荷は欠品回避のための措置でしたが、状況が改善されたため、通常の出荷が再開されます。

この期間中のご協力とご理解に感謝します。

2023年6月から登場のアラミストのジェネリック医薬品について

2023年6月、アラミストの主成分であるフルチカゾンフランカルボン酸エステルを含むジェネリック医薬品が発売されました。

このジェネリック医薬品は、5つの製薬会社から提供されています。

ここでは、それぞれの製品について詳しく見ていきましょう。

<各社のフルチカゾンフランカルボン酸エステル点鼻液の特徴>

武田テバファーマ社:56噴霧用 628.2円、120噴霧用 1,281.9円 – 横押し型噴霧器(先発品と同じ)

キョーリンリメディオ社:56噴霧用 572.00円、120噴霧用 1,225.70円 – 縦押し型噴霧器

その他、高田製薬、東和薬品、日東メディックなどが製造。

これらのジェネリック医薬品の登場により、患者さんはより手頃な価格でアラミストと同等の治療を受けることが可能になりました。

\ おすすめ /

佐藤製薬
¥1,138 (2024/07/20 19:31時点 | Amazon調べ)

アラミストの副作用について

アラミストは、直接鼻腔内に適用することで、全身に影響を及ぼす副作用の発生率が非常に低いとされています。

しかし、鼻に限られた副作用として、鼻出血、鼻の刺激感、痛み、乾燥などの症状が見られることがあります。

これらはアラミスト使用を中止することで解消されることが多いです。

また、血中コルチゾールの低下や白血球減少、眼圧上昇、頭痛、睡眠障害といった副作用が稀に報告されています。

特に重要なのは、アナフィラキシー反応のリスクです。
これは非常にまれですが、アラミスト使用後に皮膚の発疹、全身の赤み、顔や喉の腫れ、呼吸困難などの症状が現れた場合は、直ちに医療機関への受診が必要です。

アラミスト使用時の日常生活での注意点

アラミストと他の薬剤の併用について
アラミストの有効成分であるフルチカゾンフランカルボン酸エステルは、肝臓でCYP3A4という酵素によって代謝されます。

このため、CYP3A4の作用を阻害する薬剤を一緒に使用すると、アラミストの血中濃度が上昇し、全身的な副作用が生じるリスクがあります。

CYP3A4を阻害する薬剤には、イトラコナゾールやクラリスロマイシン、エリスロマイシン、シメチジン、ベラパミル、リトナビルなどがあります。

薬の併用がある場合は、必ず医師に相談し、独断で治療を中止しないようにしましょう。

特定の患者層へのアラミストの使用についての注意

妊婦や授乳中の方、子ども、高齢者への使用における注意点
妊婦や授乳中の方は、アラミストの利用に際して、医師が治療の利益とリスクを慎重に評価した上で判断を下します。

子どもや高齢者の場合、通常は問題なく使用できますが、使用量の自己調整や長期間の使用は避けるべきです。

副作用のリスクを最小限に抑えるためにも、医師の指示に従って正しく使用しましょう。

\ おすすめ /

グラクソ・スミスクライン・CHJ
¥1,530 (2024/07/20 19:31時点 | Amazon調べ)

アラミスト点鼻薬の長期使用とその効果・リスク

アラミスト点鼻薬は、通年性アレルギー性鼻炎の長期治療に用いられることがあります。

症状が改善され続けている場合、医師は徐々に用量を減らすよう指示することが一般的です。

また、アラミストは全身性ステロイド剤に比べて副作用のリスクが低いとされていますが、長期間や高用量での使用には注意が必要です。

具体的には、全身性作用としてクッシング症候群、クッシング様症状、副腎皮質機能の抑制、小児の成長遅延、骨密度の低下、白内障、緑内障、中心性漿液性網脈絡膜症などが発現する可能性があります。

これらのリスクを管理するためには、長期使用する場合には定期的な検査が重要です。

万が一、これらの全身性作用が認められた場合には、適切な医療措置が必要となります。

アラミスト点鼻薬の市販状況と同様の効果を持つ市販薬

アラミスト点鼻薬は市販されている?

アラミスト点鼻薬(正式名:アラミスト点鼻液27.5μg 56噴霧用/120噴霧用)は、医師の処方によってのみ入手可能な医療用医薬品です。

アラミストの主成分「フルチカゾンフランカルボン酸エステル」を含む類似の市販薬は存在しませんが、花粉症の症状に効果的な別のステロイド成分を含む市販薬はあります。

アラミスト点鼻液の代わりに使える市販の点鼻薬はある?

アラミストと同じフルチカゾンフランカルボン酸エステルを含む市販薬はありませんが、花粉症の鼻水や鼻づまりに効くステロイド成分を含んだ代替品は存在します。

これらのステロイド成分には、フルチカゾンフランカルボン酸エステルのほか、ベクロメタゾンプロピオン酸エステルなどが含まれます。

市販のステロイド点鼻薬に含まれる主な成分は以下の通りです。

・フルチカゾンプロピオン酸エステル
・デキサメタゾンシペシル酸エステル
・モメタゾンフランカルボン酸エステル
・ベクロメタゾンプロピオン酸エステル

などが挙げられます。
例えば、ナザールαAR0.1%やパブロン鼻炎アタックALなどは、ベクロメタゾンプロピオン酸エステルのみを含む市販点鼻薬として知られています。

ステロイドのみが配合された市販の点鼻薬を紹介

ステロイドのみを含む市販点鼻薬は、アレルギー性鼻炎の治療に効果的で、第2世代の抗ヒスタミン薬と同様に推奨されています。

特に眠気を引き起こさない成分が含まれているため、副作用に懸念がある方には、抗ヒスタミン薬ではなくこれらの点鼻薬が適しています。

例えば、ナザールαAR0.1%は、ベクロメタゾンプロピオン酸エステルを含み、花粉による鼻水、鼻づまり、くしゃみに効果的です。

また、パブロン鼻炎アタックJLも同様の成分を含み、鼻腔内でジェル化するため液だれしにくいという特徴があります。

これらの薬剤は、18歳未満の方には使用が推奨されていません。

アラミスト点鼻薬の開封後の使用期限について

開封後のアラミスト点鼻薬は、製品の賞味期限に関係なく、2ヶ月以内の使用が推奨されています。

噴霧器のキャップを外してからの対処法
アラミスト点鼻薬の噴霧器のキャップが5日以上外れた状態であった場合、または30日以上使用しなかった場合、噴霧器の機能を確認する必要があります。

この際、空噴霧が推奨されており、具体的には初めて使用する時と同様に6回の空噴霧を行います。

これは、液体が正しく霧状になっているかを確かめるための手順です。

6回の噴霧を行った後、霧状になっていることを確認してから使用してください。

\ おすすめ /

アラミスト点鼻薬 製造中止 理由に関するよくある質問

アラミストは副鼻腔炎を悪化させますか?

アラミストは副鼻腔炎(蓄膿症)に悪影響を及ぼす可能性があります。副鼻腔炎を患っている場合、アラミストの使用は避けるべきです。

アラミスト点鼻薬を長期に使用するとどうなるか?

アラミストの長期使用は、全身性ステロイド剤と比較して副作用のリスクは低いものの、特に小児の成長遅延のリスクがあります。小児に長期間使用する場合は、身長の経過観察を定期的に行う必要があります。また、正しい使用法の指導が必要です。

アラミストの代替品は?

アラミストの主成分であるフルチカゾンフランカルボン酸エステルを含む後発医薬品が2023年6月に市場に登場しました。これらはアラミストと同様の効果を持つステロイド点鼻薬です。

アラミストの代替となる市販薬はありますか?

アラミストと同じ成分の市販薬は現在存在しませんが、花粉症の症状に効果的な他のステロイド成分を含む市販点鼻薬はあります。これらはアラミストの代替として使用することが可能です。

アラミスト点鼻薬 製造中止 理由に関するまとめ

この記事では「アラミスト点鼻薬 製造中止 理由」に関する疑問に答え、その代替品や使用上の注意点についても詳しく解説しました。

アラミストの主成分はフルチカゾンフランカルボン酸エステルで、同成分の後発医薬品が登場していることをお伝えしました。

また、副鼻腔炎への影響や小児への長期使用に関する注意点、市販薬との比較についても触れています。

アラミストに関する疑問や代替品の選択については、医師や薬剤師に相談することを推奨します。

読者の皆さんが適切な医薬品を選び、安心して使用できるよう、この情報が役立てば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次