\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

arkk etfはどこで買える?アークイノベーションETFとは?構成銘柄やSBI証券で購入できるか大調査!

arkk etf どこで買える

ARK投資管理が手がける「ARKK ETF(アーク イノベーション ETF)」は、独自の投資戦略で多くの投資家から注目を集めています。

ここでは、ARKK ETFをどこで購入できるのか、またその投資魅力について詳しくご紹介します。

目次

ARK ETF(アークETF)はどこで買える?

ARKK ETFを購入しようと考えた時、まず気になるのはどの証券会社で取引が可能なのか、という点でしょう。

国内では直接ARKK ETFを購入することは難しいですが、CFD取引を通じて間接的に投資する方法があります。

CFD取引は、株式等の実物資産を直接保有するのではなく、その価格変動を利用して取引を行う方法です。

レバレッジを利用して少ない資金で大きな取引が可能ですが、リスクも伴うため、取引を行う際は十分な知識と注意が必要です。

国内でARKK ETFのCFD取引が可能な証券会社

ARKK ETFのCFD取引を提供している国内の証券会社は限られています。

主要な証券会社の中で、ARKKを含む複数のARK ETF銘柄のCFD取引を取り扱っているのは「サクソバンク証券」が挙げられます。

サクソバンク証券では、ARKKを含む5つの主要なARK ETFに対して投資が可能です。

また、取引手数料や最低取引数量、業者ごとの特徴なども異なるため、自身の投資スタイルに合った証券会社を選ぶことが重要です。

ARKK ETFを取り扱う証券会社の特徴

「サクソバンク証券」はARKKを含む5つのETFに対して、比較的低い手数料で取引が可能です。

また、同社の取引プラットフォームは直感的に操作が可能で、投資家から高い評価を受けています。

一方、「IG証券」ではARKKの取引が限定的であるものの、世界中のさまざまな金融商品への投資が可能で、幅広い投資ニーズに応えるサービスを提供しています。

投資先としてのARKK ETFの魅力

ARKK ETFは、テクノロジーを中心とした破壊的イノベーションに投資することで知られており、長期的な成長ポテンシャルを秘めています。

しかし、高いリターンを目指す一方で、市場の変動によるリスクも伴います。

投資を検討する際は、自身のリスク許容度と投資目的を明確にし、適切な資産配分を心がけましょう。

ARKK ETFに興味がある方は、上記の証券会社を検討のうえ、自身に合った投資戦略を立てることが大切です。

破壊的イノベーションへの投資により、将来的な資産成長を目指しましょう。

楽天証券やSBI証券で取り扱いはあるの?

日本の証券会社でARKK ETFを直接取り扱っていないのは、金融庁の規制に起因します。

日本で海外のETFを取り扱うには、特定の法律に基づく届出が必要であり、ARKK ETFはその条件を満たしていないため、楽天証券やSBI証券などでは扱うことができません。

「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づくこの規制は、投資家保護を目的としています。

海外ETFの取り扱い規制とは

海外ETFの取り扱いに関する規制は、「投資信託及び投資法人に関する法律」によって定められています。

この法律では、外国投資信託の受益証券を日本で募集する場合、事前に内閣総理大臣への届出が求められています。

この届出がない場合、国内の証券会社はそのETFを取り扱うことができず、その結果、楽天証券やSBI証券などではARKK ETFの情報提供や取引を行うことができないのです。

ARKK ETFに興味がある投資家は、この状況を理解し、他の方法で投資する必要があります。

例えば、海外のブローカーを利用するなど、日本国外での取引方法を探ることが一つの解決策です。投

資する際は、手数料や税金、為替リスクなど、様々な要因を慎重に検討することが重要です。

ARKKの構成銘柄について

ARKK ETFは、テクノロジーとイノベーションに焦点を当てた投資を行っており、特に以下の銘柄がファンド内で大きな割合を占めています。

  • テスラ(TSLA):電気自動車(EV)業界のパイオニアであり、バッテリー技術や家庭用蓄電池市場への展開も注目されています。
  • コインベース(COIN):暗号資産(仮想通貨)取引所として知られ、デジタル経済の発展に貢献しています。
  • ロク(ROKU):家庭用ビデオストリーミングデバイスの提供や、テレビプラットフォーム事業で成長を遂げています。
  • ズーム(ZM):オンライン会議システムを提供し、コロナ禍での需要拡大により業績を伸ばしています。
  • スクエア(SQ):決済サービスを中心に、金融技術(FinTech)領域でイノベーションを進める企業です。

これらの企業は、それぞれが破壊的イノベーションを牽引する分野で活躍しており、ARKK ETFはこのような未来を切り開く企業への投資を通じて、長期的な成長を目指しています。

また、2020年のパフォーマンスは、主要指数を大きく上回る成果を記録しました。

日本からARKK ETFに投資するには、直接的な方法は限られていますが、CFD取引などを提供する一部の証券会社を通じて間接的に投資することが可能です。

こうした取引を検討する際には、証券会社の取り扱い条件やリスク管理について十分に理解し、慎重な投資判断を行うことが重要です。

ARKK ETFへの投資は、未来のイノベーションに賭けることを意味します。

投資先としての魅力を理解し、適切な投資方法を選択することで、新たな投資の機会を探求してみてください。

ARK Investの注目日本企業と投資方法

ARK Investが保有する日本企業に投資を検討している方に向け、保有銘柄の確認方法と、おすすめの投資アプローチをご紹介します。

ARK Invest保有銘柄の確認方法

保有銘柄の情報は、Cathie’s ARKのウェブサイトで簡単に確認できます。

このサイトではARK Investが保有する全銘柄のリストや、各ETFにおける売買情報が日々更新されています。

特定のETFを選択し、「Holdings」で保有銘柄、「Trades」で売買情報を確認することができます。

また、企業名をクリックすると、その企業の詳細情報や株価の推移を確認できるため、投資の参考になります。

ARK Investが注目する日本の3大銘柄

調査の結果、ARK Investが特に注目している日本の企業は以下の3つです。

  • 武田薬品工業(4502): グローバルに事業を展開する製薬会社で、がん治療薬などを中心に研究開発を進めています。
  • コマツ(6301): 建設機械の世界大手で、IT技術の積極的な活用により業界のイノベーションを牽引しています。
  • Zホールディングス(4689): インターネットサービス大手で、Yahoo! Japanを運営し、広告やEC事業で成長を遂げています。

これらの企業はいずれも、その分野で革新的な取り組みを進めることで将来性が高いと評価されています。

日本株投資のおすすめ方法

ARK Investが注目するこれらの日本株は、国内外の証券会社を通じて購入可能です。

国内の投資家であれば、SBI証券や楽天証券などのオンライン証券を利用することで、手軽にこれらの銘柄に投資することができます。

投資を行う際には、各企業の業績や市場の動向をしっかりと分析し、長期的な視点での資産形成を目指すことが重要です。

ARK Investが保有する銘柄に投資することは、将来的な成長が期待される分野への投資ということになります。

そのため、投資判断を行う際には、十分なリサーチと慎重な検討が求められます。

日興アセットマネジメント提供のARK投資信託

日本でのARKK ETFの購入は直接的には難しいものの、ARK Investと戦略的パートナーシップを結ぶ日興アセットマネジメントが運営する特定の投資信託を購入することで、ARKの投資理念に沿った運用を行う企業へ投資することができます。

日興アセットマネジメントのARK関連投資信託

日興アセットマネジメントは、ARK Investの助言を受けながら複数の投資信託を提供しており、その中には以下のような銘柄が含まれます。

  • グローバル・プロスペクティブ・ファンド:破壊的イノベーションを持つ企業への投資を行うファンドです。テスラなどの高成長企業への投資が特徴。
  • グローバル・フィンテック株式ファンド:世界中のフィンテック関連企業に焦点を当てた投資信託。
  • デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド:デジタル化を推進する企業への投資を行うファンド。
  • グローバル・モビリティ・サービス株式ファンド:モビリティ関連の革新的企業に投資するファンド。
  • グローバル全生物ゲノム株式ファンド:ゲノム技術に関連する企業への投資を行うファンド。
  • グローバル・スペース株式ファンド:宇宙関連ビジネスを行う企業への投資を行うファンド。

これらの投資信託は、みずほ証券やSBI証券、楽天証券など、複数の金融機関で取り扱いがあります。

投資信託購入時の留意点

投資信託の選択時には、信託報酬率や投資対象、運用実績などを十分に確認することが重要です。

ARK関連の投資信託は、独自の投資戦略により高いリターンを目指していますが、それに伴うリスクも理解しておく必要があります。

また、投資信託はARKK ETFと異なり、信託報酬率が高めに設定されている場合があるため、コスト面でも検討が必要です。

ARKK ETFに関心があるものの、直接投資が難しい日本の投資家にとって、日興アセットマネジメントが提供するこれらの投資信託は、有効な代替手段となり得ます。

ARKの投資哲学に共感し、将来性のある分野への投資を検討している方は、これらの投資信託を通じてARKの世界に参加してみてはいかがでしょうか。

arkk etf どこで買えるについてよくある質問

ETFはどこで買えますか?

ETF、特に東京証券取引所に上場しているものは、国内の多くの証券会社で扱われています。これには株式の取引と同様のプロセスが適用されます。既に証券口座を持っている人は、直ちに取引を開始できるのに対し、まだ口座を開設していない方は新たに設立する必要があります。また、一部の証券会社では、特定のETFに関しては取引手数料が免除されることもありますので、手数料の有無も確認すると良いでしょう。

ARK ETFとは何ですか?

ARKKとして知られるARKイノベーションETFは、ニューヨーク証券取引所に上場しており、最先端技術分野への投資を目的としています。このETFは、人工知能、電気自動車、ゲノム医薬など、現代の革新的なビジネスモデルに焦点を当てています。これらの技術は、従来のビジネス手法に変革をもたらし、産業界における新旧の交替を加速しています。

Arkとはどういう投資会社ですか?

ARK運用会社は、「破壊的イノベーション」を重視する投資戦略を採用しており、広範な市場指数には依存していません。このため、同社が運用するファンドは、市場の変動により基準価額の変動が大きい場合があります。しかし、その革新的なアプローチは、長期的な視点を持つ投資家からの支持を集めています。

ETFの最低購入金額はいくらですか?

ETFを始めとする投資商品の最低購入単位には、幅があります。一般的に投資信託の場合、最低購入金額は約1,000円から設定されていますが、金融機関によっては100円からの投資も可能です。一方、ETFの最低購入金額は「取引価格×1取引単位」となり、この金額はETFによって異なりますが、通常は10,000円から100,000円程度の投資が必要になります。

arkk etf どこで買えるについてのまとめ


ARKK ETFへの投資は、直接的な方法が日本国内では限られていることが明らかになりました。

しかし、日興アセットマネジメントが提供するARK関連投資信託を利用することで、間接的にARKの革新的な投資戦略に参加する道が開かれています。

重要なのは、投資先の選択に際してリスクや報酬率、投資対象をしっかり理解し、自分に適した投資方法を選択することです。

海外ETFに関心がある方は、まずは国内証券会社で口座を開設し、ARK関連投資信託の情報を収集することから始めてみてはいかがでしょうか。

未来の技術に投資することで、新たな投資の可能性を見出しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次