\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

セレスタミン販売中止の理由は?ステロイドの強さや代替え品になる市販薬はあるのか?調査しました!

セレスタミンとは、1965年3月に市場へ投入された医薬品であり、適切な使用方法を守ることで期待される効果を発揮します。

この薬は、アレルギー反応による不快な症状を軽減する抗ヒスタミン薬と、炎症反応を鎮めるステロイド薬の両方を含んでいる点が大きな特徴です。

セレスタミンには、飲みやすいシロップ形式の「セレスタミン配合シロップ」と、携帯に便利な錠剤形式の「セレスタミン配合錠」があり、用途に応じて選択できます。

\ レスタミンの代替え品はコレがおすすめ /

レスタミンコーワ
¥719 (2024/07/19 09:17時点 | Amazon調べ)
目次

セレスタミン販売中止?その理由とは

2020年10月を境に、セレスタミンは一部のパッケージに関して販売が停止された事実があります。

ただし、これは特定の包装形態に限った話であり、他の形態での販売は今もなお継続中です。

セレスタミンの持つ症状緩和能力は確かですが、含まれている第一世代抗ヒスタミン薬の特性上、眠気を引き起こす副作用があり得ます。特に、運転や機械操作を行う際には慎重な対応が求められます。

さらに、ステロイド成分を含むため、継続的な使用は体への潜在的なリスクを高め、症状が改善した後も無闇に用いるべきではないとの指摘があります。

\ ココで買える! /

レスタミンコーワ
¥1,109 (2024/07/19 09:17時点 | Amazon調べ)

セレスタミンのステロイドの強さは?

セレスタミン、特にその配合錠について話を進める際、単に花粉症治療薬と捉えるのはリスクを伴います。

このリスクの主な原因は、含まれるステロイド成分にあります。

例えば、セレスタミン配合錠を1日に2回服用した場合、そのステロイド量はプレドニンに換算して約5mgとなります。

この数値が一般の人々にとって即座に理解しにくいかもしれませんが、医療従事者から見れば、かなりの量のステロイドを服用していることになります。


長期にわたる使用は推奨されず、理想的には短期間(3日から4日)の使用に留めるべきです。

しかし、急性のアレルギー反応を抑制する必要がある場合には、その効果は非常に高いとされており、短期間での使用には適しています。

\ ココで買える! /

セレスタミン成分を含む他の市販薬について

セレスタミン配合錠に含まれる特定の成分、「ベタメタゾン」と「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」を同時に含む市販の薬は、現時点では存在しません。

これらの成分の組み合わせが見られる薬は、特にアレルギー反応や炎症を抑制するためのステロイドと抗ヒスタミン剤を含むため、一般に販売されることはなく、医師の処方箋が必要となります。

\ ココで買える! /

セレスタミンの代わりとなる市販薬について

セレスタミン配合錠に匹敵する効果を持つ市販薬を探す際、重要なのはセレスタミンに含まれる成分と同等の作用を有する薬を選定することです。

セレスタミンに代わる薬を選ぶにあたっては、特に「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」やその他の抗ヒスタミン成分を含有する製品を検討することが推奨されます。

選択する際には、市販薬の表示されている効能や効果をしっかりと確認し、自身の具体的な症状に適しているかどうかを見極めることが大切です。

\ ココで買える! /

レスタミンコーワ
¥478 (2024/07/19 09:18時点 | Amazon調べ)

セレスタミンに類似効果を持つ市販のアレルギー薬について

アレグラFX 28錠によるアレルギー対策

食事の影響を受けずに服用可能で、眠気を感じさせない特徴を持つアレグラFXは、フェキソフェナジン塩酸塩を有効成分としています。

この成分は、花粉やハウスダストに起因するアレルギー症状(くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなど)に対して、顕著な効果を提供します。

1日に2回の服用で、24時間継続して症状の緩和が見込めます。

ジンマート錠 14錠での痒み対策

蕁麻疹による広範囲の痒みを体内から治療するジンマート錠は、メキタジンを主成分とし、効果的に蕁麻疹を治療します。

また、3種のビタミンが配合されており、皮膚や粘膜の健康を促進し、湿疹や皮膚炎の改善にも寄与することで、相乗効果が期待されます。

アレジオン20 24錠の長期作用

1日1回の服用で長時間アレルギー症状を抑制するアレジオン20は、エピナスチン塩酸塩を最大限に配合しています。

就寝前の一回服用で、翌日も継続してアレルギー反応を抑えることが可能です。

抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用の三重の効果で、アレルギー症状の発生を効果的にブロックします。

\ ココで買える! /

皇漢堂製薬
¥929 (2024/07/19 09:18時点 | Amazon調べ)

セレスタミン 販売中止 理由に関するよくある質問

セレスタミンは製造中止になったのですか?

セレスタミン、及びその有効成分であるベタメタゾンとd-クロルフェニラミンマレイン酸塩を含む医薬品は、2023年6月をもって出荷制限や供給停止の状態にあります。

この状況は他の代替品への移行を困難にしており、現在供給が安定している場合でも、早期に対応策を講じることが推奨されます。

2023年6月15日の情報に基づく。

セレスタミンの代わりになるものはありますか?

セレスタミンに代わる市販の薬として、以下の選択肢があります。

アレジンAZ錠【第二類医薬品】、アレルギール錠 55錠【第二類医薬品】、ケアビエン 120錠【第二類医薬品】、そしてストナリニS 18錠【第二類医薬品】が、Amazonなどで購入可能です。

これらは2023年2月17日の情報によるものです。

セレスタミンの副作用はひどいですか?

セレスタミンの長期連続使用は、副腎皮質ホルモン由来の副作用リスクを伴います。

これには、感染症の発生、高血圧、糖尿病、消化性潰瘍、膵炎、骨粗鬆症、副腎皮質機能不全、精神変調などが含まれます。

このため、添付文書では無計画な使用を控えるよう警告しています。

2022年12月16日のデータに基づく。

セレスタミンを急にやめるとどうなる?

セレスタミンの連続使用後に急に使用を停止すると、発熱や頭痛、食欲不振、脱力感、筋肉痛、関節痛、ショックなどの症状が出現することがあります。

使用を中断する場合は、徐々に量を減らしていくことが必要です。

常に医師の指示に従ってください。

セレスタミン 販売中止 理由に関するまとめ

2023年6月よりセレスタミン含有製品は限定出荷や供給停止状態にあり、その代替としてアレジンAZ錠やアレルギール錠などが市販薬として挙げられています。

また、セレスタミン使用時の副作用として、長期連続利用によるリスクが指摘されており、急な中断も避けるべきであることが強調されています。

この情報が、セレスタミンに関する疑問を持つ読者の一助となることを願います。

医師の指示に従い、適切な代替薬の選択や使用方法について相談することをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次