\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

電気温水器は生産終了?壊れたらどうしたらいい?もう買えないの?

電気温水器 生産終了

この間、ある家庭で電気温水器の交換作業を実施しました。
時々耳にする話として、電気温水器の更新を検討している際に「当社では電気温水器の取り扱いを終了しました」と告げられるケースがあるようです。

このような発言をしているのは、特に訪問販売を行う疑わしい業者が多いため、注意が必要です。

現在でも電気温水器は市場に出回っていますが、エコキュートに移行したメーカーも増え、電気温水器の価格は比較的高めに設定されています。

電気温水器を取り扱う主なメーカーには「パナソニック」や「三菱」、「コロナ」、「長府」などがあります。

一方で、「東芝」や「日立」は電気温水器の市場から撤退した状況です。

しかし、アパートやマンションなど、電気温水器の設置が必須の場所も存在するため、すぐに市場から消えることはなさそうです。

\ 電気温水器はコレがおすすめ /

目次

電気温水器生産終了?故障した場合、修理できる?

日立の公式サイトを調べてみたところ、電気温水器の販売を終了していることが確認できました。
つまり、日立製の電気温水器はもう手に入らないということになります。

この選択肢は残念ながら利用できません。
メーカーによっては、補修用の部品をどれだけの期間保持しているかが公式サイトに記載されているのをご存じでしょうか?

これは、修理に必要な部品がメーカーによってどれだけの期間保有されているかを示します。
今回は、「老朽化」が原因で修理を検討しましたが、日立製の給湯器の場合、保有期間が10年以内だったため、修理が不可能でした。

\ ココで買える! /

電気温水器の主要メーカーの特徴と選び方

電気温水器を提供している主要メーカーには、「三菱電機」、「パナソニック」、「コロナ」、「長府製作所」、「タカラスタンダード」などがあります。

また、「リクシル」や「TOTO」のような住宅設備メーカーも、主に小型の電気温水器を市場に送り出しています。

こうした小型電気温水器は、洗面所など特定の場所に設置するためのものです。

三菱電機

三菱電機の電気温水器は、大規模な地震にも耐えうる「耐震クラスA」の設計が施されています。

同社の製品ラインナップは、貯湯タンクのサイズが豊富で、150Lから550Lまでの範囲で展開されており、消費者の家族構成や生活スタイルに合わせて選べるのが大きな利点です。

さらに、災害時に断水が発生しても、タンク内の残水を非常用として利用できる設計になっています。

これにより、緊急時にも生活用水を確保できるという点がメリットとして挙げられます。

大手企業である三菱電機の製品は、故障や不具合が発生した際の対応も迅速で、充実した保証サービスが付帯しており、安心して使用できます。

\ ココで買える! /

パナソニック

パナソニックは、高品質かつ安全性に優れた電気温水器を提供することで知られている日本を代表するメーカーです。

同社の電気温水器は、ガス給湯器と比較して燃焼音や臭いがなく、環境に優しい製品としての特徴を持っています。

また、家庭での使用状況に応じて、キッチンとお風呂場で同時に異なる温度のお湯を利用することが可能です。

パナソニックの電気温水器は、CO2の排出がなく、少ない電力で短時間にお湯を沸かすことができるため、オール電化を導入することにより光熱費の節約に貢献します。

\ 電気温水器はコレがおすすめ /

コロナ

コロナ製の電気温水器の独自性は、「2ヒーター」方式にあります。

これは、タンクの上下に配置されたヒーターを効率的に使用することで、豊富な湯量を提供し、「お湯切れ」という電気温水器の一般的な問題を解決します。

さらに、4つの異なる運転モードを備えており、日常の節電運転から、来客などでお湯の使用量が増える場合に対応することができます。

新潟県燕三条で製造される高品質なステンレス製の缶体と排水パイプを採用することで、耐久性と耐震性に優れています。

特に、震度7の地震にも耐えうる耐震クラスSに対応しており、安全性にも配慮されています。

また、特殊成型断熱材を使用したタンクにより、保温性が格段に向上し、省エノ性能にも優れています。

コロナのラインナップには、185Lの小容量タイプもあり、単身者や賃貸物件にも適しています。

\ ココで買える! /

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す

電気温水器とエコキュートの違いとは?

電気温水器とエコキュートの違い

電気温水器とエコキュートは、お湯を生成するメカニズムに大きな違いがあります。

【電気温水器】
通常の家庭用電気温水器は、内部にヒーターを搭載しており、このヒーターを電力で加熱し、タンク内の水を暖めてお湯を作ります。このプロセスは直接的で、電力を熱に変換しています。

【エコキュート】
一方、エコキュートはヒートポンプ技術を利用した設備で、ヒートポンプユニットと貯湯タンクの組み合わせで構成されています。外気から熱を取り込み、それを電力を使って増幅させて水を加熱します。この方式では、効率的に大量のお湯を生産することが可能です。

電気温水器のメリット

電気温水器には、以下のような利点があります

使用するとすぐにお湯が利用できる
ガスを使用しないため、火事のリスクが低減される
災害時でもタンク内に溜められたお湯を使用できる安心感
シンプルな構造により、製品の耐久性が高い
動作時の騒音が少ない

エコキュートのメリット

エコキュートの大きな利点は、運用コストの削減にあります。

特に、夜間の低廉な電力を使用することで、電気代の節約が可能です。

さらに、大気から熱を取り込むことにより、二酸化炭素の排出を大幅に削減し、地球環境に優しい選択肢と言えるでしょう。

電気温水器の寿命・耐用年数の目安は?

電気温水器の寿命は何年?寿命は延ばせる?

電気温水器の一般的な使用期間は、約10年から15年と見積もられています。

これは使用する地域の条件やどのように扱うかによって左右されるため、10年を超えた頃から性能の低下や故障が発生しやすくなる傾向にあります。

もし現在お使いの電気温水器が設置から10年以上経過している場合は、新しいモデルへの交換を考える時期かもしれません。

耐用年数は?

電気温水器は、特に業務用として購入する場合、財務上の減価償却対象資産となり得ます。

減価償却とは、資産の価値が時間とともに減少していくことを会計上で反映させる方法であり、高価な設備投資を年間の経費として分割して計上します。

電気温水器の税法上の耐用年数は、多くの国で6年間と設定されています。

この数字は、電気温水器の購入費用を6年間で分割し、毎年の減価償却費として計上する際の基準になります。

しかし、税法で定められた耐用年数は会計上の処理期間であり、実際の電気温水器の使用寿命を示すものではありませんので、その点は注意が必要です。

電気温水器にかかる電気代はいくら?

電気温水器を活用する際、日々の生活で直ちに温かいお湯が得られるその便利さは、日常の快適さを支えています。それに伴い、電気温水器の運用による電気消費量に関心を持つことは自然なことです。

電気温水器の利用において、特に電力消費を抑制しようと考えている方々に、電気温水器のタイプや消費電力、さらには節約技についてご案内します。

電気代は?

一般的に、電気温水器を月間で使用した際の電気料金は、およそ7,000円程度と見積もられます。
ただし、一人暮らしの場合など使用量が比較的少ない状況では、月額3,000円から5,000円程度に抑えることが可能です。

他の電化製品の使用による電力消費もあるため、電気温水器のみの使用とは限らず、合算された電気料金が請求されます。

総務省の統計によれば、単身世帯の月間平均電気料金は約5,500円とされています。

これを踏まえると、単身世帯で電気温水器を使用している場合、全体の電気料金の大部分が温水供給に費やされていることが推測されます。

電気温水器の電気代を節約するには

電気温水器の運用における電力消費を効果的に抑える方法は、以下のようなものがあります。

不使用時には電源をオフにする
給湯温度の見直し
必要以上のお湯の使用を避ける
電力料金プランの見直し
太陽光発電システムの導入


これらの対策を実施することで、電気温水器の運用コストを抑えつつ、日々の生活の快適性を維持することが可能です。

\ 電気温水器はコレがおすすめ /

RH家電SHOP楽天市場店
¥142,000 (2024/04/17 10:03時点 | 楽天市場調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す

電気温水器 生産終了に関するよくある質問

電気温水器が壊れる前兆は?

電気温水器のトラブル発生前の警告サインには、「コントロールパネルのエラーコード表示」「不審な音や異臭、煙の発生」「水が温まらない」「水温が一定しない」という症状が挙げられます。これらのサインを見逃さず、発見した際はすぐに使用を停止し、プロフェッショナルに連絡を取ることが重要です。

電気温水器の交換費用はいくらですか?

電気温水器の更新にかかる費用は、一般的に20万円から40万円程度が相場です。具体的な費用は、電気温水器のタンクの大きさ(例:370リットル、460リットル等)、機能性(例:給湯専用、自動風呂給湯機能付き等)、さらには製造メーカーによって異なります。

電気温水器とエコキュートどっちが安い?

電気温水器とエコキュートの運用コストを比較すると、電気温水器は月間で約3,000円から6,000円の電気代がかかることが一般的です。これは、電気温水器が直接電気を使用してお湯を沸かす方式であるためです。対照的に、エコキュートの電気代は月間約1,000円から2,000円と、より経済的な選択肢とされています。

電気温水器が故障する原因と対処法は?

電気温水器の故障は、内部部品の老朽化、設置時の施工ミス、安全装置の不具合、冬季の配管やタンクの凍結による水漏れなど、多岐にわたる原因が考えられます。問題発生時は直ちに使用を止め、修理は専門業者に依頼することが賢明です。また、古くなった電気温水器は更新を検討するのも一つの選択肢です。

電気温水器 生産終了に関するまとめ

電気温水器の選択や管理に関する情報をご紹介しました。

電気温水器が示す不調の兆候を見逃さないこと、更新時の費用やエコキュートとの比較、故障の原因と対処法を理解することが大切です。

もし「電気温水器 生産終了」のキーワードでお悩みなら、今のうちに適切な対策を検討しましょう。

電気温水器の寿命が近づいているか、よりエコな選択肢を求めているなら、専門家への相談や情報収集をお勧めします。

安全で快適な生活のためにも、適時の更新や効率的な運用を心がけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次