\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

ダッジチャレンジャーは生産終了?その理由とどんな車なのかご紹介!

ダッジチャレンジャー 生産終了

電動化の波が全米を席巻し、電気自動車(EV)への関心が急速に高まる中、伝統的なマッスルカーの時代も変わりつつあります。

特にアメリカのカーラバーたちが愛してやまないマッスルカー部門がこの変化の波に直面していますが、内燃機関(ICE)を搭載する車全般がこの運命を共有しているのが現状です。

ダッジのマッスルカー、特にスーパーチャージャー付きのV8エンジンを誇るチャレンジャーとチャージャーは、その高性能が災いして排ガス規制の壁にぶつかりました。

ここでは、ダッジがこの2モデルの生産を終了するに至った背景を深掘りします。

\ ダッジチャレンジャーにはコレがおすすめ /

目次

ダッジチャレンジャー 生産終了の理由は?

チャレンジャーとチャージャー、なぜ生産終了なのか?

環境問題が世界中でクローズアップされる中、ゼロエミッションを実現する電気自動車への移行は避けられない流れとなっています。

2021年、ダッジはグローバルな自動車コングロマリット、ステランティスの傘下に入りました。

ステランティスは電動化を推進し、自動車からのCO2排出を削減することに注力しています。

ダッジの代表的なICEモデルであるチャレンジャーとチャージャーは、この新しい方針と相容れず、生産終了という選択を余儀なくされました。

ダッジチャレンジャーとは?歴代車種の性能や燃費について

ダッジチャレンジャーってどんな車?

ダッジチャレンジャーは、クライスラーグループのダッジブランドが製造・販売するアメリカを象徴する車種の一つです。

特に2009年から2012年にかけて市場に出回ったチャレンジャーSEモデルは、アメリカ車特有の迫力あるデザインとポニーカーとしての楽しさで、多くのファンを魅了しました。

チャレンジャーの歴史と進化

ダッジチャレンジャーは、1960年代のマッスルカーブームの中で誕生しました。

特に知られているのは、映画『ワイルドスピード』に登場することで有名なチャージャーモデルですが、チャレンジャーもまた高い人気を誇ります。

初代モデルは1966年に登場し、その後1978年まで生産されました。

続く2代目は1982年から1987年までの短い期間に渡り販売されています。

現在市場に出ている3代目モデルは2005年の発表以来、長期にわたり愛され続けており、日本を含む世界各国でファンを持っています。

特に3代目モデルは、日本国内で新車として購入可能だった唯一の期間もあり、その特別感からも多くの注目を集めました。

燃費性能の概要

ダッジチャレンジャーSEは、性能を追求するあまり燃費が犠牲になると思われがちですが、実際の燃費は街乗りで約7〜8km/Lと、大排気量のアメリカ車であることを考えると比較的良好な部類に入ります。

ハイオク燃料を使用することで、エンジン性能を最大限に引き出しつつ、意外な燃費の良さも実現しています。

ダッジチャレンジャーは今後どうなる?

ダッジチャレンジャーは、その長い歴史に幾度となくマイナーチェンジや新バリエーションを迎え、自動車業界にその名を刻んできました。

しかし、2023年9月をもって、この象徴的なマッスルカーの生産は終了となりました。

ステランティスは既に2024年型の新車発売を開始しており、これによりチャレンジャーの生産終了が確定的となりました。

今後、ダッジは電気自動車(EV)の領域に目を向け、新たなマッスルカーの形を模索していくことが予想されます。

この動きは、自動車産業の電動化と環境保護のトレンドに沿ったものであり、チャレンジャーの精神を受け継ぐ新世代の車両へと進化を遂げることになるでしょう。

\ ダッジチャレンジャーにはコレがおすすめ /

最後のダッジマッスルカーはチャレンジャー「SRTデーモン170」

SRTデーモン170の圧倒的なスペック

ダッジチャレンジャーSRTデーモン170は、伝統の「HEMI」エンジンを積んだダッジの最終章となる特別版です。

この車は、0から60マイル(約96km/h)への加速がたったの1.66秒、そして0から1/4マイル(約400m)への加速は8.91秒という驚異的な数字を叩き出しています。

ダッジ自身、この車を「世界最速かつ最強の市販車」と位置づけています。

購入価格は?

この特別なチャレンジャー、SRTデーモン170の価格は、メーカー希望小売価格で9万6666ドル(約1257万円)からとなっています。

このモデルはラスベガスで開催されたドラッグレースイベントにて初披露され、2023年モデルのチャレンジャー7車種の中で最もパワフルな最終モデルとして位置付けられています。

驚異の最高速度

SRTデーモン170の性能はただの数字以上のものを語ります。

0から60マイル(約96km/h)への加速はわずか2.3秒、そして最高速度は326km/hにも達します。

これにより、ダッジは世界中の高級スーパーカーに匹敵する性能を持つ車を生み出しました。

ダッジチャレンジャーのデザインと乗り心地

デザインの特徴と魅力

ダッジチャレンジャーのデザインは、2ドアの長大な車体によって圧倒的な存在感を放っています。

往年のクラシックカーを彷彿とさせるレトロな雰囲気と、現代的な要素が融合された外観は、見る人を魅了します。

この独特のデザインは、人によって評価が分かれるかもしれませんが、その個性がダッジチャレンジャーの大きな魅力の一つです。

また、スポーツカーにありがちな狭い後席とは異なり、ダッジチャレンジャーは大人4人が快適に乗車できる広々としたリアシートを備えています。

座席はアメリカ車らしくゆったりとしており、まるでソファに座っているかのような快適さを提供します。

サイドサポートは適度な硬さがあり、激しい運転でも体をしっかりとホールドしてくれます。

そして、V8エンジン特有の迫力ある音と振動は、アメリカ車に乗っているという実感を強く呼び起こします。

乗り心地の評価

ダッジチャレンジャーの乗り心地は、その大きな車体とパワフルなエンジンにより、高速道路では非常に安定しています。

一方で、市街地や一般道では路面の状況によっては突き上げ感を感じることもありますが、全体的には快適なドライブを楽しむことができるでしょう。

この車の乗り心地は、アメリカンSUVや国産SUVとは異なる独特の味わいがあり、その魅力を十分に堪能することができます。

ダッジチャレンジャー 生産終了に関するよくある質問

ダッジ・チャレンジャーの2023年モデルの価格はいくらですか?

2023年のダッジ・チャレンジャーSRTデーモン170の価格設定は、メーカー希望小売価格で約1,279万円(96,666ドル)とされています。この新たなSRTデーモン170モデルのディーラー配分は、ダッジの公式サイトDodgeGarage.com上のホースパワーロケーターツールで確認可能で、注文受付は2023年3月27日から開始されます。

チャージャーとチャレンジャーの違いは何ですか?

チャージャーはそのサイズがチャレンジャーよりも一回り大きく設計されており、乗車する人々により広い空間を提供します。チャージャーは40インチ以上のヘッドルームを誇り、一方チャレンジャーは約33インチのヘッドルームしかありません。この差は車内の利用可能なスペースにも影響を及ぼします。

チャレンジャーの生産国はどこですか?

ダッジ・チャレンジャーはカナダで製造されており、カナダ市場向けに特別に設計された仕様を持っています。

チャレンジャーの最上級グレードは何ですか?

ダッジ・チャレンジャーの中で最も高級なグレードはSRT392です。SRTは「ストリートアンドレーシングテクノロジー」を意味し、ダッジの中で最も高性能なモデル群を指すグレードです。

ダッジチャレンジャー 生産終了に関するまとめ

この記事では、「ダッジチャレンジャー 生産終了」というキーワードに関連する重要な情報をお届けしました。

ダッジチャレンジャーSRTデーモン170の価格や特徴、チャージャーとの違い、生産国、そして最上級グレードについて解説しました。

ダッジチャレンジャーの生産終了は、自動車業界における大きな転換点を示しています。

この伝説的なマッスルカーに興味がある方は、早めの行動をお勧めします。

ディーラーに問い合わせるか、公式サイトをチェックして、あなたのチャンスを逃さないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次