\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

m-discは生産終了?なぜ?評判や価格、書き込みに必要なドライブについて

M-DISCとは、アメリカ合衆国のMillenniata社によって開発された革新的な記録メディアであり、通常のブルーレイディスクやDVDに比べて耐久性が大幅に向上しています。

光や熱、湿度に強い特性を持ち、数百年間データを安全に保管する能力を持っているため、貴重な記憶や重要な業務データを長期間保存するのに最適なメディアとされています。

一般的なドライブで読み取り可能であるため、ユーザビリティも高いです。


100年以上の保存期間を誇るM-DISCは、価値ある思い出や重要なデータを後世に伝えるために開発された、耐久性に優れた記録メディアです。


さらに、DVDやBD(ブルーレイディスク)といったメディアは、国際標準化されたフォーマットに基づいており、CDが発売された1982年以降、DVDやBDと互換性を持つ形で普及してきました。

現在も広く利用されており、これからも読み出し環境が失われる心配は少ないと言えます。

\ m-discはコレがおすすめ /

ヤマダ電機 楽天市場店
¥5,980 (2024/07/20 14:24時点 | 楽天市場調べ)
目次

m-disc 生産終了なぜ?

m-discの生産が終了するに至った背後には、Impressに掲載された「パナソニック、’23年2月で録画用ブルーレイディスクの生産を終了」という記事で言及されたPanasonicの声明があります。

この声明によると、ビデオコンテンツの消費がオンデマンド配信やクラウドストレージの普及により大きく変化し、物理的メディアへの需要が減少していることが挙げられています。

Panasonicは約16年間にわたりこの事業を継続してきましたが、市場の変化により事業を継続することが困難になったと述べています。


さらに、東洋経済オンラインで「Panasonicが録画用ブルーレイディスクの生産をやめる理由」という記事があり、録画ディスクの市場環境についての分析が示されています。

そして、BCN+Rによる「パナソニックの撤退が示すブルーレイディスクメディア市場の縮小とBDレコーダーの売上苦戦」という記事では、ブルーレイディスクメーカーとしてのPanasonicの市場シェアが9.3%にとどまっている現状が報告されており、市場での厳しい状況が生産終了の大きな要因となっていることが伺えます。

\ ココで買える! /

m-discの評判は?メリットデメリットについて

メリット

M-DISCの記録層には、耐久性に優れた金属系素材が使用されており、これが大きな特徴です。

この素材の採用により、光や熱、湿気などの外的要因からデータを守り、長期間の保存に耐えることが可能になっています。

さらに、M-DISCはデータの改ざんが困難なため、セキュリティ面でも信頼性が高いと評価されています。

これらの特性は、重要なデータを安心して保存したいユーザーにとって、非常に価値のあるメリットと言えるでしょう。

デメリット

M-DISCを利用する上での欠点として、まず価格の高さが挙げられます。通常の光学ディスクに比べて、M-DISCはその耐久性の高さから価格も高めに設定されています。

加えて、M-DISCへの書き込みには対応した光学ドライブが必要となり、全てのドライブで利用できるわけではありません。

特に、古いモデルのドライブでは互換性がない場合があり、M-DISCを使用する前には、自分の持っている光学ドライブが対応しているかどうかを確認する必要があります。

これらは、M-DISCを選択する際に考慮すべき重要なデメリットと言えるでしょう。

\ ココで買える! /

ヤマダ電機 楽天市場店
¥1,780 (2024/07/20 14:24時点 | 楽天市場調べ)

m-discはどこで売ってる?

主要家電量販店での取り扱い状況

主な家電量販店として、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機では、それぞれの公式オンラインストアでm-discの取り扱いがあることが確認できます。

しかし、m-discの生産終了に伴い、これらの店舗での在庫状況は変動が激しくなっています。

購入を検討されている方は、訪問前に各店舗に在庫確認の連絡をすることをおすすめします。

これにより、無駄足を避けることができます。

オンラインショッピングサイトでの選択肢

インターネット上のショッピングサイトでは、特に楽天市場やAmazonでm-discの取り扱いが見られます。

オンラインでの購入は、店頭での購入に比べて価格がお得になる場合がありますし、家から出ることなく手に入れることができるため便利です。

生産終了の影響で在庫が限られてくる中、オンラインでの購入は特に検討すべき選択肢の一つです。

ドンキホーテでの取り扱い情報

ドンキホーテに関しては、m-discの取り扱い情報を確認することができませんでした。

ドンキホーテは多岐にわたる商品を扱うことで知られていますが、m-discのような特定の記録メディアについては、取り扱いがない場合もあるようです。

m-discをお探しの方は、家電量販店やオンラインショッピングサイトの方が良い結果につながるかもしれません。

ヤマダ電機 楽天市場店
¥2,981 (2024/07/16 17:34時点 | 楽天市場調べ)

m-disc 書き込みドライブは必要?

M-DISCに情報を保存するためには、特定のドライブが必要です。

このドライブは、M-DISC専用の技術を使用してデータを物理的に記録します。

一般的なデータ読み取りに関しては、2005年以降に製造されたDVD+R/RWドライブであれば、ほとんどの場合対応しています。

しかし、M-DISCにデータを書き込むためには、専用の書き込み機能を備えたドライブが必要となります。

これは、M-DISCの長期保存技術をフルに活用するために設計されたもので、データの安全性と耐久性を保証するために重要です。

適切なドライブを準備することで、M-DISCの長期データ保存機能を最大限に利用することができます。

\ ココで買える! /

m-discの価格について

M-DISCの価格設定は、記憶容量やパッケージに含まれる枚数によって異なります。

一般的に、この耐久性の高い記録メディアは、2000円から6000円の範囲で市場に出回っています。

M-DISCの特性を考慮すると、この価格帯はその長期保存能力を反映しています。

保存したいデータの量や用途に応じて、適切な容量のM-DISCを選択することが可能です。

価格の差は、主にディスクの記憶容量と販売されている枚数に基づいています。

m-disc 生産終了 なぜについてのよくある質問

ブルーレイディスクの生産が終了するのはなぜですか?

公式な発言によれば、市場の縮小が生産終了の主な理由です。

「動画のオンライン配信やクラウドストレージの利用増加により、物理メディアへの需要が減少し、継続的な生産が難しくなった」とのことです。

この変化は、2023年1月25日に公にされました。

M-discのデメリットは?

高品質なM-DISCも完璧ではありません。

主な欠点として、高価格が挙げられます。

また、M-DISCのデータ書き込みには特定の光学ドライブが必要となるため、旧型のドライブでは利用できない可能性があります。

これらの点を購入前に確認することが重要です。

この情報は、2019年2月8日に報告されました。

M-discの耐久性はどのくらいですか?

M-DISCは、100年以上のデータ保存が可能です。

光、熱、湿度に対する強い耐性を持ち、数百年にわたってデータの安全を守ることができます。

この長期保存能力は、企業のアーカイブや重要な記録の保存に特に適しています。

Mディスクの寿命は?

M-DISCにはDVDとブルーレイのバリエーションがあり、既存のドライブでのデータ読み取りが可能ですが、データを記録するには専用のドライブが必要となります。

開発者によると、M-DISCのデータ保存期間は100年から1000年とされており、最長で1000年間データを保持できるとしています。

この情報は2022年11月17日に提供されました。

m-disc 生産終了 なぜについての質問

この記事では、「m-disc 生産終了 なぜ」という疑問に対して、市場の変化や技術の進歩により物理メディアの需要が減少している現状を解説しました。

M-DISCの高い保存性能や特定条件下での使用に関する情報も共有し、利用者が直面する可能性のある問題点についても触れています。

生産終了のニュースは、データ保存方法について再考する良い機会を提供します。

M-DISCのように長期保存が可能なメディアを求めている方は、在庫がなくなる前に必要な分を確保することをお勧めします。

また、今後はクラウドサービスや他のデジタル保存手段についても検討を始めることを推奨します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次