\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

訂正印が売ってる場所は?100均やドンキで買える?取扱店を大調査

訂正印 売ってる場所

訂正印は約6mmの小さな印鑑で、書類の作成過程で発生した誤字や脱字を正すために用いられます。

最近では、デジタル化の推進により印鑑の使用頻度が低下している影響もあり、訂正印を取り扱う場所も従来に比べて少なくなっています。

ここでは、訂正印が手に入る場所について詳しくご説明します。

\ 訂正印はコレがおすすめ /

目次

訂正印が売ってる場所

訂正印をどこで購入できるかを調査した結果、以下のような店舗で取り扱っていることが判明しました。

・印章専門店(例:はんこ屋21)
・DIYショップ
・文具店(例:世界堂、事務キチ)
・総合スーパーマーケット(例:イトーヨーカドー)
・書籍販売店
・電気製品販売店(例:ヨドバシカメラ)
・雑貨店(例:ロフト、東急ハンズ)
・オンラインショッピングサイト”

訂正印は100均やホームセンターで売ってる?

100円ショップで訂正印は売ってる?

日常の文書修正やマーク印用途で活用される「訂正印」は、頻繁に使用するアイテムではないため、コストを抑えて購入したいと望む方が少なくありません。

幅広い文房具を扱う100円ショップ、特にダイソーならば取り扱いがあるのではないかと思われがちです。

しかしながら、ダイソーでは訂正印の販売を既に終了しており、過去には他の100円ショップでも見かけたことがありましたが、現在では取り扱っていないところが主流で、手に入れるのが困難です。

ホームセンターカインズで訂正印を購入できる?

生活用品を広く取り揃えるカインズホームでは、カインズオリジナルの印鑑やスタンプなど、生活に役立つ様々な商品を提供しています。

通常のはんこは多数の店舗で見ることができますが、店舗によっては特設の「はんこ広場(例えばカインズ川島店等)」を設けており、印鑑やゴム印だけでなく名刺印刷などのサービスを提供している場所もあります。

ドンキで購入できる?ドンキに設置されてる「はんこ自販機」が便利!

驚くべきことに、ドンキホーテでは、その場でオリジナルの印鑑を作成できる機械が設置されています。

その機械の名称は「はんこ自販機」。

ドンキホーテや長崎屋の選ばれた店舗に設置されており、全国に306台も存在するため、あなたの近所にも設置されている可能性が高いです。

ドンキのはんこ自販機で作れる印鑑の種類は?

「はんこ自販機」と聞くとどのようなものか疑問に思うかもしれませんが、この機械では、銀行印や認印、さらにはオーダーメイドの印鑑をたった10分で作成することが可能です。

しかしながら、訂正印は作成できないようです。

価格帯は500円からスタートし、選べる文字やフォントの種類も豊富で、さらにはイラストを組み合わせることもできます。

全てのドンキホーテ店舗にこの機械があるわけではありませんが、公式サイトによると「全国で1000台未満の流通」で「200以上の場所で利用可能」とのこと。

意外と多くの場所で見かける機会があるかもしれません。

作成費用はどのくらい?

作成費用は500円から2500円の範囲で設定されています。

訂正印はネットの通販でも買える?

インターネット通販を利用して訂正印を手に入れることもできます。

特にASKUL(アスクル)、印鑑専門のネットショップであるハンコヤドットコム、またはモノタロウなどが、訂正印を扱う代表的なオンラインストアとして挙げられます。

さらに、Amazonや楽天市場のような大規模なオンラインマーケットプレイスでも、多数の専門店が訂正印を取り扱っており、選択肢は豊富です。

\ ココで買える! /

訂正印ってなに?正しい押し方について

訂正印とは、書類上の誤りや変更箇所を修正する際に使用する印章を指します。

この印を用いることで、訂正が本人によるものであり、不正な改変ではないことを証明することが可能です。

契約書などの重要文書の訂正に際しては、元の文書に使用した印章と同一のものを用いることが一般的です。つまり、実印であれば実印、認印であれば認印を使用して訂正を行うわけです。

重要!?訂正印の押し方

訂正する箇所の直上または側面に、誤りを指摘した後、正確な情報を記入し、その上または隣に訂正印を押印します。

この際、削除する文字数と追記する文字数を明記することが大切です(例:削除2文字、追加3文字)。

訂正は、可能な限り単語単位で行うべきです。

訂正印の注意点

印鑑を使っての訂正は可能ですが、書類の可読性を損なったり、受け手に悪い印象を与えたりする可能性があるため、慎重に行う必要があります。

訂正手段が不適切だと、訂正が認められないケースもありますので、間違えた場合は正確な方法で再度訂正を施すことが求められます。

\ ココで買える! /

訂正印 売ってる場所に関するよくある質問

訂正印は普通のハンコで良いですか?

訂正印には特に大きさの規定はなく、日常的に使用している認印や銀行印、実印などでも問題ありません。ただし、訂正箇所が密集している場合は、大きな印章を使用すると周囲の不要な文字まで覆ってしまい、文書の可読性を損ねる可能性があります。そのため、約6ミリサイズの小さな訂正専用の印章を用意することが推奨されます。

訂正印はシャチハタでもよいですか?

訂正の際にシャチハタ式の印章を利用することは可能です。市場には訂正専用のネーム印も広く提供されています。ただし、前述の通り、契約書など重要な文書においては、元の文書に使用した印章を訂正印として使用する必要があるため、シャチハタ式印章は実印や銀行印として使用された場合の訂正には適しません。

訂正印は丸形と小判型がありますが、どちらがいいですか?

訂正印は、一般的には6mm程度の小さなサイズで、「簿記印」「修正印」「豆印」とも呼ばれます。形状には丸形と小判型(楕円形)のものがあり、どちらを選択するかは個人の好みに委ねられます。どちらの形状も訂正印としての機能を果たしますので、使用感に合わせて選ぶと良いでしょう。

ハンコで失敗したら訂正印はどうやって押しますか?

印鑑を誤って押印してしまった場合、まずはその誤った印影にボールペンなどで二重線を引いて取消しを示します。その上で、訂正を行うための印章を誤った印影に重なる形で押印し、訂正した事実と訂正者を明確にします。この方法により、文書の訂正と訂正者が一目でわかるようになります。

訂正印 売ってる場所に関するまとめ

訂正印の選び方や使用法について、さまざまな疑問にお答えしました。

通常の印章でも訂正印として使用できますが、小さいサイズが推奨されます。

シャチハタでも問題ない場合がありますが、重要文書では同じ印章を使用する必要があります。

形状は好みに応じて選んで大丈夫です。

誤って押印した場合の訂正方法もご紹介しました。

訂正印をお探しの際は、このガイドを参考に適切な商品を見つけ、正しく使用してください。

安心して文書を訂正するためにも、正しい訂正印を選んでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次