\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーはどこで買える?美容にいいの?口コミや顔への使い方について

ヘパリン類似物質とは、皮膚の保湿を助ける特性を持ち、1954年以降に保湿剤としての医薬品として市場に出回りました。

最初は病院での処方が必要でしたが、2018年以降は一般消費者も市販で手に入れることが可能になりました。

幅広い年齢層に利用でき、様々な部位に適用可能なヘパリン類似物質は、クリームやローションといった多くの形態で提供されています。

この記事では、市販のヘパリン類似物質製品、特に泡状スプレーの入手先とその有効性について紹介します。

\ ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの代替品はコレがおすすめ /

フェルゼア
¥1,545 (2024/07/22 10:34時点 | Amazon調べ)
目次

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー どこで買える?

一般用医薬品として、ヘパリン類似物質を含む製品は、医師の処方箋なしで入手可能です。

これらは、薬局、ドラッグストア、オンラインショッピングサイトなどで見つけることができます。

一般用医薬品は、処方医薬品と比較して、含まれる有効成分が少ないことが通例です。

\ ココで買える! /

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーは美容にいいの?効果は?

保湿効果とそのメカニズム

ヘパリン類似物質は肌の角質層に働きかけ、肌の自然な水分保持力を高めることで知られています。

この物質は、ただ水分を補給するのではなく、肌の深層にアプローチし、水分の蒸発を抑制しながら内部からの保湿を促進します。

特に、慢性的な乾燥肌やアトピー性皮膚炎を持つ人々に対し、その内側からの保湿効果は大きな支持を得ています。

血行促進と抗炎症による効果

この物質は血行を良くする効果も持ち合わせており、しもやけや血行障害に起因するさまざまな症状の緩和に役立ちます。

整形外科での利用も多く、打撲や捻挫、筋肉痛、関節痛の軽減に寄与します。

また、血液凝固の予防により、怪我の治癒を加速させることが可能です。

さらに、血行やリンパの流れを改善することで、軽度の抗炎症作用や鎮痛効果を発揮し、様々な外傷や腱鞘炎、筋肉痛、関節炎の治療にも応用されています。

\ ココで買える! /

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーは保険適用される?

特定の疾患の治療でヘパリン類似物質が必要とされる場合、医療機関における診察を通じて、この薬が保険の適用範囲内で処方される可能性があります。

対象となるのは、血栓性静脈炎や痔核、血行障害に伴う疼痛や炎症性疾患、凍瘡、ケロイドや肥厚性瘢痕の予防と治療、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷後の諸症状(腫脹、血腫、腱鞘炎、筋肉痛、関節痛)、筋性斜頸などです。

皮脂欠乏症は、一般に乾燥肌と呼ばれる状態に近く、皮脂や水分の不足による肌の乾燥を意味します。

この状態が乾皮症とも称され、肌の乾燥症状を示します。

ヘパリン類似物質の保険適用が適当かどうかは、最終的には医師の診断に委ねられます。

そのため、皮脂欠乏症や上記の疾患に関連する症状がある場合は、皮膚科を含む関連医療機関の受診が推奨されます。

\ ココで買える! /

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの顔への使い方


ヘパリン類似物質は、その安全性により幅広い年齢層の人々に使える成分として認知されています。

しかし、顔への応用にあたっては、特に留意すべきいくつかの事項が存在します。

一般に副作用は稀ですが、ヘパリン類似物質を用いた際にかゆみや発疹、赤みが生じることがあります。

これらの症状が現れた際には、直ちに使用を中断し、専門医に相談することが重要です。

血行を促進する作用があるため、出血傾向がある病態を有する人は、この種のスキンケア製品の使用を避けるべきです。

その他、通常のスキンケア製品と同様の注意点があります。皮膚に傷や炎症がある場合は使用を控え、目に入らないようにするなどの基本的な注意も必要です。

\ ココで買える! /

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの口コミは?

私が皮膚科で出会った「ヘパリン類似物質外用泡状スプレー」の体験談をお伝えします。

保湿ケアとして何か良いものはないかと相談したところ、このスプレーを勧められました。

実際に使用してみると、これまで試したどの保湿製品よりも格段に保湿力が高いことに驚きました。

しかし、一部の人では肌にピリピリ感を覚えることもあるようです。

特にアトピー性皮膚炎の症状が強いときは、使用製品を厳選し、シンプルな保湿を心がけることが大切だと感じました。

この話はアトピー性皮膚炎の治療を受けている人や、保湿製品選びに悩んでいる人にとって、参考になるかもしれません。

\ ココで買える! /

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー どこで買えるに関するよくある質問

ヘパリン類似物質外用スプレー どこで売ってる?

このスプレーは保湿性能が非常に高く評価されており、マツキヨをはじめとする薬局や大手量販店での取り扱いがあります。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの先発品は?

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日医工」が代表的な製品です。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー100gの値段は?

例として、ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」の100g 10本セットは、29,700円(税抜 27,000円)で販売されています。

ヘパリン類似物質は市販薬と処方薬で違いはありますか?

市販薬においても、1gあたりのヘパリン類似物質含有量は3.0mgと処方薬と同じです。

そのため、成分の量に関しては処方薬と市販薬に差はありません。

ただし、医薬部外品や化粧品として売られている製品では、含有量が異なる場合もあります。

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー どこで買えるに関するまとめ

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーは、その優れた保湿効果で多くの人から支持されています。

主要な販売店としては、マツキヨや他の大手薬局、量販店で手に入れることができます。

また、市販薬と処方薬においてヘパリン類似物質の含有量に差はないこともお伝えしました。

保湿ケアを探している方や、特定の皮膚疾患で悩んでいる方は、この外用泡状スプレーを試してみる価値があるかもしれません。

お近くの店舗をチェックするか、オンラインでの購入も検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次