\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

iphone12miniは生産終了?なぜ?販売終了はいつ?その理由は

iPhone12シリーズには、「iPhone12 mini」、「iPhone12」、「iPhone12 Pro」、「iPhone12 Pro Max」の4モデルがラインナップされていました。

ところが、2021年第2四半期には早くもiPhone 12 miniの製造が停止されたことが明らかになりました。

発売前には、そのコンパクトなサイズで大きな注目を集めたiPhone 12 miniでしたが、市場に出た後の売れ行きは期待に応えられないものでした。

その小ささがかえって注目を集めたにも関わらず、販売不振の原因は何だったのでしょうか?

\ iPhone 12 miniはコレがおすすめ /

目次

iPhone12 miniが生産終了した理由は?

コンパクトながらもハイスペックを誇るiPhone12 miniは、多くのユーザーからの期待を一身に集めるデバイスでした。

にもかかわらず、市場調査機関のトレンドフォースが2021年6月21日に発表した報告書では、AppleがiPhone 12 miniの生産を「終了」する決断を下したと報告されています。

\ ココで買える! /

iPhone12・13 miniが販売終了なのはなぜ?

バッテリーの持ちが悪い

iPhone12 miniの市場での受容度が低かった一因は、バッテリー持続力の問題にあります。

本体がコンパクトなため、より大きなバッテリーを搭載する余地が限られてしまい、結果としてiPhone12と比較して約1時間早くバッテリーが切れる傾向にあります。

公式にはバッテリー容量は明かされていませんが、推定では2,227mAhとされ、これはiPhone12に搭載されているものよりも約600mAh少ないと考えられています。

日常生活においては特に問題ないかもしれませんが、外出時にバッテリー消費が激しいアプリを使用する場合、この差は顕著に感じられることでしょう。

既存モデルとの微妙なサイズ感

iPhone12 miniとiPhone12との間には、性能面で顕著な差異はありません。

両者の主な違いは、デバイスのサイズとバッテリー容量に限定されます。

価格差がわずか10,000円程度であることを考慮すると、消費者はより大きなモデルを選択する傾向にあります。

画面が小さく、ゲームや動画視聴に向かない

iPhone 12 miniが軽量でコンパクトなデザインで注目を集めたのは事実です。

この特性は、大型スマートフォンに疲れたり、より小さなデバイスを望むユーザーには魅力的です。

しかしながら、小さい画面サイズは、動画視聴やゲームプレイ、ウェブ閲覧といった活動において、体験の質を制限します。

これは、特にメディアを頻繁に楽しむユーザーにとっては大きなマイナスポイントとなり得ます。

\ ココで買える! /

「iPhone 12 mini」売れてないと言われるが本当?

結論から言うと、小型iPhoneを求めるユーザーにとって、iPhone 12 miniは最適な選択肢であり、コストパフォーマンスを重視する人々にとっても理想的な選択と言えます。

その根拠について、具体的な例を交えて説明しましょう。

コンパクトながら高機能を実現

Appleからの正式な声明はないものの、iPhone 12 miniは「大画面に疲れ、操作時の不便さを感じている人」向けに設計されたと考えられます。

特に、新しいiPhone SEを評価しつつも、そのデザインに不満を持つユーザーにとって、iPhone 12 miniは魅力的な代替品です。

価格も74,800円(税別)と手頃で、iPhone SEと比較しても画面サイズは0.7インチ大きいにも関わらず、本体はより小さいという利点があります。

カメラ機能の高評価

iPhone 12 miniのカメラは、技術的にはiPhone 12と同等の性能を持ち、広角と超広角のレンズを背面に、そして顔認証機能用の高品質なフロントカメラを搭載しています。

Appleは過去1年間で写真撮影のためのコンピュテーショナルフォトグラフィー技術を大幅に強化しており、これによりソフトウェアによる画質の向上が実現しています。

持ち運びやすさと使いやすさ

特筆すべきは、iPhone 12 miniの軽さです。

わずか133gという重量は、iPhone SEよりも軽く、前年モデルのiPhone 11と比較しても61gも軽いことから、その携帯性の高さが際立ちます。

iPhone 12自体も軽量化に成功しているものの、miniモデルとの比較では29gの差があります。

この軽量さは、大型スマホに見られる扱いにくさからユーザーを解放し、快適な操作感を提供します。

\ ココで買える! /

ネット通販でのiPhone 12 miniの価格帯

新品購入時の市場価格
58,900円から80,427円の範囲内で取引されています。

この価格帯は、販売店や在庫状況によって異なり、特定の時期やプロモーションによって変動することがあります。

中古市場での取引価格
27,000円から52,798円の間で変動しています。

中古品の価格は、商品の状態、付属品の有無、保証の有無などによって左右されるため、購入を検討する際にはこれらの要素を考慮する必要があります。

\ ココで買える! /

iPhone 12 miniを購入するべき人は?どんな人におすすめ?

iPhone 12 miniがおすすめな人

iPhone 12 miniを最大限に活用できるのは、以下のようなニーズを持つユーザーです。

まず、一般的な大きさのスマートフォンを求めている方々には最適です。

また、高品質な画面で動画鑑賞を楽しみたい方にとっても、このモデルは魅力的でしょう。

手のひらサイズでありながら、片手操作を重視するユーザーにもぴったりです。

さらに、優れた写真やビデオ撮影機能を重要視する方にとって、iPhone 12 miniのカメラ性能は大きな魅力となるでしょう。

このように、日常生活での使い勝手やメディアコンテンツの消費、そして高性能なカメラを求めるユーザーに、iPhone 12 miniは理想的な選択肢となります。

\ ココで買える! /

iphone12 mini 生産終了についてのよくある質問

Iphone12miniの生産終了はいつですか?

生産終了の日付は公式には明らかにされていませんが、関連情報から2021年中に生産が終了したと見られています。このモデルは短い期間での生産終了が話題となりました。

iPhone12miniはいつ買い替える?

iPhone12 miniは2020年11月13日にリリースされた、コンパクトながらも高性能を誇る第14世代のiPhoneです。発売から約3年が経過し、特にバッテリーの劣化が顕著になる可能性が高いため、バッテリー交換や機種変更を検討するのに適したタイミングと言えるでしょう。一般的に、スマートフォンのバッテリー寿命は使用頻度にもよりますが、1.5年から2年程度とされています。

Iphone12MINIは何年モデルですか?

iPhone12 miniは、2020年にリリースされたAppleのスマートフォンで、その年のモデルとして位置づけられます。このデバイスは、その小さなサイズで注目を集め、多くのユーザーに愛されました。

iPhone 12 miniは5Gに対応していますか?

はい、iPhone 12 miniは5G通信に対応しています。このモデルは、5.4インチの有機ELディスプレイを備え、Appleが発表したiPhone12シリーズの中で最もコンパクトなモデルとして登場しました。価格は74,800円からとなっており、最新の通信技術を小さなフォームファクタで楽しむことができます。

iphone12 mini 生産終了についてのまとめ

iPhone12 miniの生産終了に関する疑問に対し、この記事があなたの疑問を解決する手助けとなったことを願っています。

2020年11月の発売以来、そのコンパクトなデザインと高性能で多くのユーザーに選ばれたiPhone12 miniですが、生産終了の時が来ました。

これからの買い替え時期についても触れ、バッテリーの寿命や5G対応など、重要な情報をお伝えしました。

最新情報をチェックしながら、あなたにとって最適な選択をすることが重要です。

何か行動を起こす前に、この機会にバッテリー交換や新しいモデルへのアップグレードを検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次