楽天市場【24時間限定】タイムセール実施中! 詳細を見る

ネブライザー薬液はどこで買える?取り扱い店舗と購入方法について

ネブライザー 薬液 どこで

ネブライザーとは、液状の薬を霧に変えて、直接肺や気管支に薬を届ける医療機器のことです。

この機器は、喘息や気管支炎、肺炎、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、花粉症など様々な呼吸器系の症状を持つ人々に使用されます。

気道を通じて直接薬剤が届くため、喘息の発作を和らげたり、呼吸器疾患を治療したりする効果があります。

ネブライザーは操作が簡単で、通常の呼吸をするだけで薬剤を吸入できます。

また、薬の量は個人の体重や年齢に応じて調節可能です。このため、幼児から高齢者まで幅広い年齢の方々が安心して利用できます。

例えば、香りを気にする子供のためにフルーツの香りがついたものを用意しているクリニックもあります。

\ おすすめ /

目次

ネブライザー薬液どこで入手可能?

家庭用ネブライザーの多くは、咳喘息の治療に用いられています。

市場には咳喘息治療用の吸入薬が一般的には販売されていません。

\ おすすめ /

ネブライザー薬液の購入先は薬局?

ご存知でしたか?家庭で使うネブライザーに用いる薬液は、実は処方される医薬品なんです!

そのため、医師の処方箋に基づいて薬局で購入することが一般的です。

ネブライザーに適した薬液の種類によって、使用するネブライザーのタイプも異なります。このため、適切な家庭用ネブライザーを選ぶためには、医師との綿密な相談が重要です。自分に最適なネブライザーを見つけるために、医師のアドバイスをしっかりと参考にしましょう!”

薬液の種類は?

ネブライザーで利用されるエアロゾル形式の薬剤にはどのようなものがあるのでしょうか。

一般的に用いられるのは、抗菌薬、ステロイド、エピネフリン、気管支拡張剤、その他です。

例えば、抗菌薬としては、ネブライザー用のエアロゾル薬剤で保険適用されるCMX(外用セフメノキシム塩酸塩、ベストロン耳鼻科用1%)があり、
喘息患者にはステロイド薬、エピネフリン、気管支拡張剤が使われます。

また、アミノグリコシド系の抗菌薬などもネブライザー薬液として使用されています。

これらの薬剤は鼻副鼻腔炎、咽喉頭感染症の治療に抗菌薬が、アレルギー性鼻炎や喉頭炎にステロイドが、気管支炎や喘息に気管支拡張剤が頻繁に使われています。

これらの薬液は正確な比率と濃度で混合され、ジェット式や超音波式のネブライザーで霧状にされ、エアロゾルとして使用されます。

①副鼻腔炎や扁桃炎などの感染を伴う場合

抗生物質を含む殺菌作用のある薬剤が配合されます。

②アレルギー性鼻炎や声帯炎などの非感染性の炎症疾患の場合

炎症を抑えるステロイドや抗アレルギー薬が用いられます。

ネブライザーの種類と特徴

ジェット式のネブライザー

ジェットタイプのネブライザーは、高速のジェット気流を用いて薬液を霧状にします。

このタイプは様々な吸入薬に適応できるため、非常に汎用性が高いと言えます。

主に喘息などの気管支痙攣を緩和するための気管支拡張剤に使われることが多いです。

ただし、動作音が大きいため、静かな環境での使用には不向きです。

\ おすすめ /

メッシュ式ネブライザー

メッシュ方式のネブライザーは、吸入薬をメッシュの穴を通して霧状にするタイプです。

このタイプのメリットは、使用時に本体を傾けても良いため、寝た状態でも吸入が可能です。
また、軽量で持ち運びが容易な点も魅力です。

動作音が静かなので、夜間や外出先でも気軽に使えます。

ただし、ジェットタイプと比較すると、使用できる薬剤の種類が限定される点がデメリットです。

使用前には医師と相談が必要です。

\ おすすめ /

超音波式ネブライザー

超音波式ネブライザーは、蒸留水を振動させて薬液を霧状にする二層式の機器です。

このタイプは大型で強力、長時間の吸入にも対応可能で、多くの医療機関で使用されています。

しかし、その大きさから持ち運びには不向きです。
また、一部の薬剤では使用できない場合もあります。

\ おすすめ /

ネブライザーの使い方は?

ネブライザーの効果的な使用方法を順を追って説明します。

①まず、一回分の薬液を容器によく振った後、ネブライザーのボトルに注ぎます。

②次に、ネブライザーの電源を入れ、薬液が霧として噴射されているかを確認した後、口元に装着します。

③薬液の吸入時は、落ち着いて深く呼吸します。
・マウスピースを使用している場合は、口呼吸であることを意識し、唾液が逆流しないように注意してください。唾液が溜まったら適宜吐き出しましょう。
・マスクを使用する場合は、マスクが顔から離れていないかを確認してください。

④ボトルの中の薬液がなくなったら、吸入は終了です。
・マスク使用時は、吸入後に顔をタオルで拭くことをお忘れなく。

⑤最後にうがいをしましょう。うがいが困難な場合は、水を飲むのも良い方法です。
・気管支拡張剤を使用した場合はうがいは不要ですが、ステロイドを使用した場合は特に重要です。
・うがいが難しい場合は、水を飲んで口内を洗浄することを推奨します。

ネブライザー 薬液 どこでについての質問

ネブライザーの薬液を処方してもらうには?

主治医にネブライザーを持っていることを伝えると、適切な薬剤を処方してくれます。最近は病院でネブライザーを使うことが難しくなっており、自宅での使用がコスト面でも効果的です。

ネブライザーで薬液を吸入する治療は、何科?

耳鼻咽喉科や呼吸器内科をはじめ、様々な診療科でネブライザーが使用されています。ネブライザーで薬液を霧状にして吸入する治療法は、「エアロゾル吸入療法」と呼ばれています。

ネブライザーには何を入れますか?

ネブライザー療法では、目的に応じて加湿剤、抗菌薬、ステロイド、抗アレルギー薬、気管支拡張剤、粘液溶解剤、血管収縮剤などが使用されます。特に超音波式ネブライザーは、微粒子が均一に発生しやすいため、獣医療分野でもよく利用されています。

ネブライザーに生理食塩水を入れると何mlになりますか?

オムロンの公式サイトによると、特定の吸入薬(例えば「ベネトリン吸入液」)0.3mLに対し、生理食塩水2mLを加えて吸入するとのことです。

ネブライザー 薬液 どこでについてのまとめ

この記事では、多くの方が関心を持つ「ネブライザー 薬液 どこで」という疑問に焦点を当てました。

ネブライザーの薬液はかかりつけの医師による処方が必要で、耳鼻咽喉科や呼吸器内科などで利用されていることが明らかになりました。

また、ネブライザーに使用できる薬剤は多岐にわたり、治療目的に合わせて最適なものが選ばれます。

さらに、ネブライザーの種類や使い方についても詳しく解説しました。

ネブライザーに関するご質問や不安があれば、遠慮なく専門医に相談することをお勧めします。

正しい知識で、より良い治療を受けましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次