\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

sdgsバッジはどこで買える?正規品を見極める方法やつけてる会社について

sdgsバッジ どこで買える

SDGsへの注目が高まる中、その象徴的なカラフルなロゴが目につくようになりました。

街中でSDGsのバッジを付けた人を目にすることも少なくありません。

ここでは、SDGsバッジを付ける背景や入手方法について、詳しく解説します。

\ sdgsバッジはコレがおすすめ /

目次

sdgsバッジどこで買える?

SDGsバッジを取り扱っているのは、以下のような多岐にわたる販売チャネルです:

大規模な雑貨店(例:東急ハンズ、ロフト、無印良品など)
有名デパート(例:三越、伊勢丹、マルイ、松坂屋、高島屋など)
主要なショッピングモール(例:イオンモール、ららぽーとなど)
オンラインマーケットプレイス(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ブランド公式オンラインストアなど)

これらの場所では、時と場合により品揃えが異なることもあるため、事前に在庫状況を確認することが推奨されます。

オンラインショッピングでは、さまざまなデザインや種類から選ぶことが可能で、比較的簡単にお求めの商品を見つけることができるという利点があります。

\ ココで買える! /

sdgsバッジをつけてる会社って?

SDGsバッジを社員に着用させることは、企業がSDGsへの取り組みを外部にアピールする効果的な手段です。

「私たちの企業はSDGsに貢献しています」というメッセージを、控えめながらも明確に伝えることが可能になります。

また、名刺にSDGsのカラフルなホイールやロゴを採用する企業も増えており、それと併用することで、より一貫した姿勢を示すことができます。

特に、バッジは目に付きやすいため、会議やビジネスシーンでの話題提供や、エシカルなビジネス実践への関心を引き出すきっかけにもなります。

SDGsに注力している企業であれば、これらのバッジを積極的に活用し、社会的責任を果たすとともに、企業ブランドの価値向上にも寄与できるでしょう。

\ ココで買える! /

sdgsバッジの正規品を見極める方法は?

正規のSDGsバッジを見分けるポイントには以下のような基準があります:

・国連が運営する公式サイトや本部からの直接購入
・SDGsロゴの使用に関する国連のガイドラインに従って製造され、使用許可を得たバッジ

国連から直接購入したバッジは間違いなく正規品と認定されます。

ただし、国連の日本国内の事務所ではこれらのバッジは販売されていません。

日本のメーカーが正規のSDGsバッジを販売するためには、その販売ページに国連のロゴ使用ガイドラインの遵守と、国連からの許諾を受けていることを明示する必要があります。

SDGsロゴを使うためには、国連が定めた特定のルールに従う必要があり、これには使用を禁止されている例も含まれています。

\ ココで買える! /

Sdgsバッジはいくら?

正規品の値段

国連公式のSDGsバッジは、1個につき1200円で販売されており、税込みでは1320円です。

配送には一律180円の手数料がかかります。8個以上の大量購入を検討されている場合は、直接事務局へのお問い合わせが推奨されます。

国内販売品の価格

国内で流通しているSDGsバッジは、一般的には約1160円で取引されています。

大量購入や企業向けの注文を検討している場合は、製造業者に直接コンタクトを取り、専用の見積もりを依頼することが適切です。

\ ココで買える! /

SDGsバッジは通販でも購入は可能?

日本国内の国連関連機関や国連広報センターでは、SDGsピンバッジを直接販売していない状況です。

この情報は2019年5月の時点でのものですが、国連の開発計画機関であるUNDPの英語公式オンラインショップでは購入が可能です。

UNDPオンラインショップ
日本国内では、転売や第三者による出品が見られ、国連の定めるガイドラインに沿わない製品も市場に出回っています。

このように、購入方法が限定されているため、何をどう選んだら良いのか迷う人も少なくありません。

多くの人が求めているにも関わらずアクセスが難しいこの状況を、多くの人が改善を望んでいます。

\ ココで買える! /

sdgsバッジ どこで買えるについてのよくある質問

SDGs バッヂ どこで売ってる?

国連のオンラインストアでは、英語サイトを通じてSDGsバッジが販売されています。

また、国連の公認を受けた日本国内の組織や企業からも購入可能です。

市場には正規品と非正規品が混在しているため、購入時には認証の有無を確認することが重要です。

SDGsのバッチはどこで買えますか?

国連広報センターや国内の国連機関ではSDGsバッヂの直販はしていませんが、2019年5月の時点でUNDPの英語サイトでは購入が可能です。

日本国内では再販売や中間販売もあり、国連のガイドラインを満たさない製品も存在しているので、購入時には注意が必要です。

SDGsバッジは誰でも買えるの?

国連公認のロゴ使用許可を得た企業や団体から販売されるSDGsバッジは、一般の人でも購入可能です。

ビジネス界や自治体、政治家、著名人など、さまざまな分野の人々がSDGsバッジを利用しています。

SDGsバッジの費用はいくらですか?

国連本部のオンラインショップでは、SDGsバッジ10個セットが35ドルで提供されており、UNDP公式サイトでは2個セットが7.99ドルで購入可能です。

国内の価格は販売元によって異なりますが、購入前には価格比較をすることが推奨されます。

sdgsバッジ どこで買えるについてのまとめ

SDGsバッジを購入する際には、正規品を選ぶことが重要です。

国連公式オンラインショップや認証を受けた国内企業からの購入がおすすめです。

価格は様々なので、比較検討すると良いでしょう。

また、非正規品には注意し、国連のガイドラインに沿った製品を選ぶことが大切です。

SDGsへの貢献を示すバッジを、あなたもぜひ身につけてみてはいかがでしょうか。

この情報が、SDGsバッジを求める皆さんの役に立てば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次